いぬいぬいぬい

逆から読んでみてください

囲碁クエスト

囲碁クエスト

というアプリがあります。

 

起動して対局開始を押して9路盤か13路盤(か19路盤)を選ぶと、そのときアプリを起動している他の人とリアルタイムで対局できるアプリです。

 


f:id:bocat32:20170319202031j:image

 

このアプリの優れているところは、なんといってもシンプルで手軽なところでしょう。

 

従来のパソコンでのネット碁は、会員登録をしていちいちログインをして、また、使わない機能が多くついているというものもしばしば。

なまじチャット機能があるために、トラブルが起きてもやもやしたりすることもあります。

もちろん、それで意気投合する人がいたときは楽しいのですが。

それはそれとして、このアプリではそういった機能が全くない分、ドライですが会員登録もなく手軽に対局が楽しめる仕様になっています。

 

 

調べてみると、二年ほど前から人気の出てきたアプリのようです。

いつから配信されているのかは調べてもパッとは出てきません…?

どうやら、最初は9路盤のみのスタートだったらしく、そのうち13路盤が加わったようです。

現在は、オンライン状態の人が多いときのみ19路盤も解放されています。

 

小さいスマホで19路盤を対人で打てるようにするのは大変なことだと思います。

 主な課題として、

・持ち時間の設定

普通に打つと一局あたり1時間ほどはかかってしまう。早碁にするにしても、時間に追われるストレスがなるべく小さくなるようにするにはどんなシステム(10分切れ負けとか一手30秒とか)を使うべきか

・画面の小ささによる打ち間違い

待ったは実装されていないので、小さい盤面に正確に素早く打てるための工夫をどうするか

などがあります。

 

囲碁クエストでは、そこらへんもシンプルさ、手軽さは崩さないようにしながら上手く設定されていると思います。

 

 

レーティングとは別に段位、級位も設定されています。

対局毎にレーティングが変動し、昇段条件(例えば3段だとレート≧1800かつ5連勝)を満たすと昇段するというシステムです。

 

でも、4連勝とか5連勝って結構運ゲーで、なまじレートが上がってしまうと強い人と当たって余計連勝がしにくくなるんですね。

 

それで僕は長いこと1級だったのですが、今日ようやく初段に上がれました。

それで喜んでいたらその後さらに2連勝して、一気に三段まで昇段してしまいました。

 

なかなかのラッキーでした。

 

 

ちなみに、レートのランキングの上の方にはAIもいて、昼夜対局しています。

 

AIといえば囲碁のAIは今とてもホットなのですが、それはまた今度書きますね。

親戚、あるいは願望

法事で、多くの親戚たちと会いました。

半分くらいの人ははじめましてでした。


僕はあまり子供をもつ願望がないのですが、
こうして親の叔父叔母やいとこたちが集まって歓談してるのを見ると、
自分も将来家族を沢山持って、
親と同じように親戚たちと思い出話を語らったり、
娘息子と甥姪が楽しそうに話すのを眺めたり、
そういうことをできたらいいなぁと思い直しました。



それにしても、
今月は高級なご飯を食べる機会が非常に多かった。

しばらくは普通の食べ物をたべることにします。

挨拶

何年かぶりにブログ開設してみました。


まだ特に書くテーマも決まっていないので、

Twitter感覚でとりあえずいろいろ身内に発信することから始めようかと思いまして。



そのうち方針が決まって長続きしたら良いですね。(他人事)


凝ったことしようとするとすぐ飽きるので、しばらくはデフォルト設定でいろいろやってくと思います。


それでは、今日はこれで。




はてブロの開設って、簡単なんだなぁ

いぬを